hanaオーガニックに落とし穴がある?成分や口コミを調査してみた。

オーガニックスキンケアは今やスキンケアのアイテムとして手に取りやすくなってきましたね。

色々なオーガニックスキンケアラインがありますが、香りがちょっと「外国のハーブ」感が強すぎるものもあれば、「草っぽい」感じが強すぎるものなど、香りが難点、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、香りがよいというので大人気であるHANAオーガニックの特徴や成分、またいいことばかりが言われているけれど、本当のところ落とし穴はないの?といったところまでをお伝えしていきたいと思います。

HANAオーガニックとは?


HANA オーガニックとは、植物の力に着目したスキンケアラインとして有名です。

年齢を重ねるごとに感じることが増える、「いつものスキンケアが合わない気がする」という違和感が何故生まれるのか、という原因に着目し、「不健康肌」が原因だと発見したことから生まれたHANAオーガニック。

では、不健康肌とHANAオーガニックが着眼したその解決法とはどういったものでしょうか?

女性バランスの乱れ:忙しさやストレスで心身の女性バランスが崩れると、肌のバリア機能が低下して敏感肌に傾きがちに。

心身ともにリラックスして本来のリズムを取り戻すことで、自然と強く健康な肌になってゆくことに着目

酸化によるダメージ:紫外線やメイクなどの化学物質による酸化は、敏感肌をつくる大きな原因のひとつ。健康な肌を作るには、日中の肌ダメージを翌日に持ち越さずにしっかりリセットすることが大事です。

HANAオーガニックは、その仕組みを作るヒントを植物に求めました。

美肌菌バランスの乱れ:肌表面には、腸と同様に善玉菌(美肌菌)と悪玉菌がいて、勢力争いをしています。

このバランスで悪玉菌が優勢になってしまうと肌は敏感に傾き、美肌菌が優勢になると肌トラブルに負けない強い肌を作ることができるのです。

この3つのバランスの乱れに効果を表すのが、ダマスクローズの力。

効果が高いとともに、とても貴重で高価であることから取り除いて出荷されてしまうローズオイルを最大6倍に凝縮して配合しているために、最高峰の品質を保持したローズの力を存分に発揮することができるのです。

ローズの他にも、多くの植物成分が配合されており、より強く健康な肌へと導いてくれます。

HANA オーガニックの成分に落とし穴?

前述したように、HANAオーガニックにはローズ以外にも多くの植物成分が含まれています。

エイジングケア用品として評価が高いHANAオーガニックですが、成分に落とし穴がないのかを見ていきましょう。

・オーガニックローズマリー:食品に入れておくと腐りづらいということでも知られているローズマリー。酸化を防ぎ、常にみずみずしい肌を保つ効果をもたらします。

・バイオエコリア:フランス生まれのオリゴ糖であるバイオエコリア。善玉菌はオリゴ糖で増えるというのはよく聞かれることですが、それは肌の場合も同じ。このバイオエコリアが、刺激に強い肌へ導いてくれます。

・オーガニック花精油6種類:花精油は、香料のこと。香り成分がスキンケアに関して高い効果をもたらすということはよく知られていることですね。香りを嗅ぐことで自らのバランスを整え、くすみやほうれい線などのエイジングサインにまとめて働きかけてくれるそうです。配合されている6種類は以下の通りです。

ダマスクスローズ:シミやくすみに働きかけ、日中のダメージをケアしてくれます。

イランイラン:神経系に働きかけ、夜に働く自律神経や女性ホルモンの働きを助けてくれます。

ネロリ:アンチエイジングアロマとも言われるネロリ。皮膚の再生を高める働きがあります。

ラベンダー:高い鎮静効果で自律神経の働きを高め、深い眠りに導くことで肌の再生能力を高めます。

ゼラニウム:肌をしなやかに保つ皮脂分泌のバランスをとり、リンパ系を刺激し体全体の排出力を高める作用があります。機能が鈍化した肌の血流を改善し、肌の浄化を助けます。

クラリセージ:女性ホルモンに似た構造を持ち、女性らしい透明感のある肌へ導きます。皮脂の過剰生産を減らし、炎症を和らげる作用があります。

さらに、陳皮、朝鮮アザミ、朝鮮人参、桑白皮、甘草、ヨクイニン、黄蘗、木耳、ローズなど9種類もの和漢植物成分も配合されています。

これらの和漢植物成分が、肌の炎症を防ぎ、ダメージを残さないようにケアしてくれます。

このように、非常に贅沢な植物成分が配合されているので、肌の表面だけでなく心理的にもケアされてゆくのを感じられる処方になっています。

また、「パラベンフリー」「無香料」「無鉱物油」「無着色料」「石油系成分・石油系防腐剤フリー」とくれば、安全性には問題がないと言えますね。

あえて落とし穴をあげろ、と言われれば、「植物成分が多いので、植物アレルギーのある人は気をつけて使ってね」ということくらいでしょうか。

飲んだり食べたり、漢方薬に含まれていたりという成分が大半ですので、安心度は非常に高いと言えます。

HANA オーガニックの価格に落とし穴?

HANA オーガニックの価格は、確かにそんなにお安くはないのが現実です。

容器もかなりコンパクトですし、トライアルセットだけではまったく効果を感じられないというクチコミも多いです。

公式サイトにも、「使い続けることで肌が元気になってくるので使用量が減ってくる」ということが書かれていますし、最初からものすごい効果を感じたい人には不向きかもしれません。

化粧水に関しては、水のような感触なのでどんどん重ねづけしたい気持ちになると思いますが、80mlしかないので、そんなことをするとすぐになくなってしまうと不安になる方も多いと思います。

しかし、この成分の配合率などを考えると、他のオーガニック化粧品はここまでの成分が配合されていないのにものすごく高価だったりしますので、肌が元気になってくると80mlで一ヶ月もつというのは、とんでもなくコスパがよいと感じられるはずです。

使用方法にもひとつ特徴があって、化粧水はあくまでもブースターの役割を果たしているそう。

乳液を塗る前の土台を作るものと考えると、そこまでの量は必要なくなってくるはずですから、肌が元気になってくるときっと使用量のリズムもつかめてくるでしょう。

HANA オーガニックの口コミに落とし穴?悪評あり?

クチコミサイトなどにも、多くのクチコミが寄せられています。

多かったのは以下のものです。

・香りがよい
・ニキビなどの不調が減る
・ほどよい潤い感
・さっぱりした使い心地
・肌のトーンが上がった

などのよいクチコミも多いのですが、悪いクチコミももちろんあります。

・匂いがキツイ
・敏感肌にトライアルセットでは効果が感じられなかった
・肌がゴワゴワする

といったものが目立ちました。

多くはトライアルセットでお試ししてみたけれど、前述したように深刻な乾燥肌の場合は効果が現れるのにはトライアルセットでは物足りないということはあるかもしれませんね。

使用による刺激を感じなければ現品を使ってみて、効果が本当にあるのかないのかをご自身で確かめてみてほしいスキンケアラインです。

また、アレルギーによる肌荒れなども起こってしまうようです。

HANAオーガニックの特徴は自然な原料の自然な香りですから、香りに敏感な方には落とし穴と言えないこともないと思いますし、植物アレルギーのある方には落とし穴ととらえられてしまうかも…。

それはもう好みの問題になってしまいますから、アロマテラピーがお好きな方にはオススメのスキンケアラインだと言えますし、どんなものを使ってもピリピリしてしまう方にはぜひ一度使ってみてほしいスキンケアラインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です